心電図の見方

リード・マイハートで掴む心疾患の疑い。

心電図の仕組みとは心臓の筋肉が収縮したりするときに流れるわずかな電気を、体の表面で記録したものとなります。

心電図からわかることは
  • 心臓のポンプ機能 脳梗塞の主な原因となる心房細動などの場合にはポンプ機能の低下が起こります
  • 心筋の異常 心筋の虚血(狭心症、心筋梗塞)・心筋の肥大
  • 不整脈 心臓のポンプを動かしている電気の発生の異常や、電気刺激の伝わり方の異常
などです。

しかし心疾患の多くは、その場で始まった症状はその場で治まり、病院ではそれを再現できず危険な兆候を見つけにくいのが難点になっています。『リード・マイハート』でその場で測定したデータなら医師の診断に役立ち、またあなたの健康管理の相談材料にもなります。携帯できて簡単に計れる『リード・マイハート』。カバンやバッグに入れてつねに携帯しておくことをおすすめします。

携帯に便利な『リード・マイハート』

心電図波形から読み取れる心疾患の兆候とは?

心電図 正常なリズムの心電図 心房細動・期外収縮の心電図
P波 〜心房肥大の兆候〜
P波は心房収縮から惹起されます。通常心電図上1目盛りの幅と高さですが、これ以上に大きなP波の場合、心房肥大が疑われます。
PR幅 〜房室ブロックの兆候〜
PR幅はP波の始まりからQ波の始まりまでが計測されます。この時間は心房が収縮から戻る時間を意味しています。正常範囲を超えるPR幅には房室ブロックが疑われます。
QRS群 〜不整脈の兆候〜
QRS群はQ波の始まりからS波の終わりまでの時間が計測されます。この時間は心室の興奮(収縮時間)を意味します。正常範囲を超えてQRS群が延長する場合、脚ブロックなどの不整脈が疑われます。
ST部分 〜心筋梗塞・心筋虚血の兆候〜
ST部分はS波の終わりからT波の始まりまでを測定します。このST部分は心筋梗塞(上昇)、心筋虚血(下降)の病態を診断するのに重要です。
【ご注意】 波形に異常があった場合、その形の特徴によって心疾患の可能性が高まりますが、波形に異常があるからといって必ずしも心疾患ではない場合もあります。診断には専門的知識が必要ですから安易に自己判断せず、必ず医師の診断を受けてください。